日本エゴマ普及協会

日本エゴマ普及協会は、エゴマを栽培している人たちのネットワークです。

エゴマサミットを開いたり、エゴマたよりを発行しています。

 

「情報は互いに教え合って、学び合って、実践して、みんなで多収穫と品質向上を奨めよう」

が日本エゴマ普及協会の、信条です。

ここまで日本にエゴマが広まったのは、この信条を大切にしてきたからです。

互いに自分の能力を大いに発揮し合いましょう。

互いに情報を交換することで、気づきもいただけるのです。

これまでの歩み

日本エゴマ普及協会は、2017年1月より日本エゴマの会の、普及部門を独立改称して、日本エゴマ普及協会となりました。

 

日本エゴマの会は、1997年福島県船引町の村上周平氏により、韓国の友人厳泰成氏の村でエゴマ油が自給されているのを知り、農村自給利用のできる搾油機械を輸入しエゴマの油を自給したことが始まりです。

その後、奥山治美(脂質栄養学会元会長)のオメガ3の先進的研究の存在を知り、エゴマ油を広げることが、油の自給のみならず、現代病の救世主となる事をしり、1999年、日本エゴマ全国サミットを船引町で開催したのを皮切りに、12回まで

全国にエゴマを広めるために、各地でサミットを行って生産地を増やしてきました。

 

2011年福島を襲った震災と原発被害により、日本エゴマの会事務局が、三重県に移された後、会長を服部圭子が引き継ぎ、事務局を岐阜県に移動した。

日本エゴマの会の全国のネットワークと普及部門を日本エゴマ普及協会と、福島の船引町の農場を引き継いだ日本エゴマの会ふくしまが、村上周平氏の意志を継いで活動をしています。 



日本エゴマ普及協会の会員入会について

ネットワークと学び合いを趣旨とした会です。

会長兼事務局を代表の服部圭子が行っています。

不定期の会報を発行し、全国の実践紹介や、講座のご案内をいたします。通信協力費(入会時3000円)をもって、入会とさせていただきます。

規約の一部抜粋です。

入会希望の方は、お問い合わせください。ご案内のお返事をさせていただきます。

(目的)

第1条 この会は、日本におけるエゴマの普及、振興を図り、平和な幸福社会の一助となる事を目的とする。その為に、以下の主旨に賛同する個人、または個人の所属する全国の搾油団体や、エゴマの会と連携し、研究、推進するために活動する。

主旨①エゴマ油の自給と、農地の利用をすすめる。

②食生活の特に油食の健全化を推し進め、医療費、介護費用を大幅に減少させる。

③環境と人の健康のため、農薬、化学肥料を使用しない有機農業を進める。

④エゴマ圧搾搾油加工技術を自ら研究し、地場エゴマ油を普及する。

⑤会員は相互に学び合い、分かち合い、互いに発展するために協働協力することを実践する。

⑥情報を公開し、エゴマを普及、伝導する。

(名称)

第2条 本会の名称は、日本エゴマ普及協会とする。

(所在地)

第3条 本会は、岐阜県加茂郡白川町下佐見1592-2に置く。

(事業)

第4条 本会は目的達成のために次の事業を行う。

(1)、会員の栽培技術の向上を図るための講習会、研究大会、全国エゴマサミット等の開催。

(2)、搾油機及び搾油に関する指導、支援をする機械事業部を置く。

(3)、遺伝子組み換えの栽培や食品生産、農薬、添加物、放射能汚染、などの自然や人の健康を脅かすことから守る活動をする。

(4)、食用油の人に関する害について、学び、伝える活動。

(5)、エゴマ普及のための啓蒙活動に協力する。

 

(6)、その他目的達成のための必要な事項。

お申し込みは、下記にご記入くださり、送信下さい

通信協力費3000円をもって、ご入会とさせていただきます。

下記入会申し込みのご送信後、お振込み番号をお知らせいたします。

日本エゴマ普及協会に入会申し込みます。

メモ: * は入力必須項目です

2017年のエゴマ各種講座開催しました。

・エゴマナビゲーター1DAY講座

第1回:平成29年6月3日(土)

第2回:平成29年6月4日(日)

時間:10:00~17:00(両日とも)

参加費:27,000円(税込)

※受講10日前までの早割:18,900円(税込)

・認定エゴママイスター養成講座(1泊2日)

開催日:平成29年7月1日~7月2日(1泊2日の講座です)

参加費:59,400円(税込)※食事4回含む

※受講10日前までの早割:49,140円(税込)

エゴマ栽培、健康、食べ方を提案しています。

日本エゴマ普及協会は、日本エゴマの会の普及活動を重点にする為、日本エゴマの会を改め、2017年1月、日本エゴマ普及協会と改称いたしました。

日本エゴマの会は1997年福島県田村市において村上周平氏がエゴマのえごま油の自給と、エゴマによる医療費の減少をめざし、創設した会です。日本エゴマ全国サミットや、研修、栽培指導などを行い全国にエゴマを普及してきました。また、韓国のエゴマ文化を調査研究し、エゴマ搾油機の輸入をし、日本にエゴマ搾油加工の技術を普及させてきました。

 

書籍「育てて楽しむエゴマ 栽培・利用加工」

日本エゴマ普及協会代表服部圭子の著書「育てて楽しむエゴマ 栽培・利用加工」が創森社より2017年2月17日発売開始。

アマゾンにてお求めいただけます>>コチラ


オンライン講演会、農業を10倍速!                     町のケーブルテレビでも放映!

こんにちは!

こちらへの投稿は久しぶりです。

 

ズバリ!

オンラインは農業を10倍速‼を実感しています。

 

なんと、リモート講演会を行った映像が、その村や町のケーブルテレビで流れるんです。

 

おじいちゃん、おばあちゃんが、

家にいながら、今年のエゴマの収量や品質をアップできる技が学べるんです。

すでに講演会のビデオが、毎日流れていた、長野県の天龍村では「毎日みとるんや~~」と本当に、ありがたいお話をいただいていて、昨年の生産者が増え、収量も大幅にアップしたそうです。

 

オンライン講演会、そしてその録画の活用!

農業がオンラインによって10倍速!を実感しています。

 

オンラインに取り組んできたことを、

お話しさせてください。

 

昨年コロナによってリアルの講座ができなくなり、

2年前から、ZOOMにはトライしていたので、

思い切って、初心者講座をオンラインで4月、7月、9月と行いました。

 

7月には受講生の畑とオンラインでつないで、

畑で、アドバイス‼ができました。

 

いや~~~!

80代のえごま初心者の方も、

お得意な友人(70代)に助けてもらい、

なんと新潟の畑に、岐阜の私の部屋から、

スマホを通してお邪魔しました。

本当に喜んでいただきました。

 

オンラインの農業の学びあい!

これは、農業が進む時代を迎えた!前兆!

 

と、手ごたえを感じました。

 

 

さて時間は戻りますが、

昨年3月27日に予定していた、長野県上松町でのエゴマ講演会、

自宅から車に乗って出発した3分後、

電話がかかってきて、

「コロナ緊急事態となり、講演会、延期となりました~~」

 

との事でした。残念ですが、仕方ありません。

 

主催者の方も、必ずコロナが収束したら

来てもらいたいですと、お互いに再会を誓いました。

 

しかし、その後もずっと講演会はできませんでした。

 

少し収束かと思われた秋に

1月に講演会を開催したいとのお話でした。

 

 

そこで、

オンラインでおこないませんか?

とご提案してみました。

 

というのも

 

 

 

4月7月とオンラインでの講座や、

畑診断を行っていましたので、

オンラインでの学びの大きさにわくわくしていましたし、

 

すでに8月にお話の合った

11月の、兵庫県新温泉町での講演会に、

 

オンライン講演会をご提案させていただいていたのです。

 

先方様も

計画してもコロナで中止!  は避けたい、

来年のエゴマ栽培を充実させたいという願いで、

「オンラインでチャレンジします」と、

ご承諾いただきました。

 

11月の講演会、オンラインですることになり、

本当に多くの関係者の方が会場の工夫をされ、

私とのリハーサルもして、当日を迎えました。

 

2つの会場に分かれ、

会場ではソーシャルデイスタンスを取りながら、

聞いていただきました。

 

講演後いただいた感想は、来てもらえなかったのは残念でしたが

「意外や意外、顔がおきく、資料も次々とあり、

とても、身近に話が聞け、わかりやすく参考になった」

との話で もちきりでした。

 

確かに直にお会いすることはできませんでしたが、

交通費もかからず、資料が鮮明にわかり、

コロナ感染対策もできるという事で、

非常事態の中、新たな学びの形が生まれました。

 

オンラインによる講演会が、

みなさんのエゴマ栽培とそれによる健康に大いに役立つことを確信した私は、

 

講演会のご依頼は、

オンラインを提案することにいたしました。

 

実際私にとっても、利点が沢山ありました。

兵庫県に行くには、前泊という時間もかかりますので、

実際は2日、3日がかりとなります。

先方様にとっても、往復の交通費、宿泊費、

何やかやとお世話いただくことも多く、

講演会のみに集中できます。

 

そんなわけで

上松町さんにも、オンラインをご提案したのです。

 

それならたとえコロナの事態があっても、

確実に実現できる!と、検討の結果、オンLINE開催となりました。

 

 

さて、無事、

1月24日、長野県上松町での講演会は開催されましあ。

会場の用意もあったのですが、

コロナ感染が多くなり、会場の集まりは中止し、

役場の方4名の方とつないで、

ユーチューブライブも行っての開催となりました。

 

会場に来れなくなった町民の方には、

町内のケーブルテレビで、

2月に11日から17日まで6日間1日2回放映されるそうです。

楽しみにしてくださっていたお母さんたちも、

テレビで観れることを楽しみにしてくださっています。

 

ユーチューブで観た方の感想をいただきました。

最後にご紹介させていただきます。

 

町内のテレビで放映されることも、

町内の皆さんに、ゆっくりと繰り返し見ていただけますので、

本当にうれしいです。

 

免疫力を落とさないで、脳の栄養もちゃんと取れる

えごまが、町内の畑でますます栽培されれば、

本当にうれしいです。

 

これまで、農業の世界で、

作り方、食べ方がテレビで流れる、

多くの方が何回も学べる機会って、

あったでしょうか?

 

オンライン講演会に取り組んでくださった、

町のチャレンジの姿勢に、本当に感謝と感激しています。

 

農業は、命の素を生み出す仕事、

決して机の上や、工場ではできません。

 

でも、毎年現場で編み出される知恵や研究の成果を、

どこでも誰でも、分かち合って教えあうことができたら、

農業は、次元の違う域に行くと思います。

 

幸い、講演会は、ユーチューブで公開してもいいといってくださっています。

昨年の8月におこなった、

日本エゴマ協会の機械化をテーマにしたオンラインの研究大会の成果を、

今年のエゴマ栽培に生かす、お話もしています。

 

日本のエゴマ栽培の収量と、品質向上につながれば、

本当に幸いです。

 

3月21日午前10時から12時

オンラインでエゴマ栽培講習会行います。

省力で品質と収量をアップできる栽培法を

学びませんか?

農業の世界は、1年に1回しかできません。

多くの栽培者の失敗や成功体験を元に、過去最高の栽培法を

お伝えします。

農業は、毎年1年生といいます。

でも、オンラインで、交通費も宿泊費もなく、学べます。

1人でやっていては何年たっても1年生ですが、

学べば、もう10年選手にはなれます。

 

学ぶ、農業者、

惜しみなく、伝え合う農業者、

みんなのチャレンジを尊敬し、

幸せと健康のために、大地の恵みを届ける

 

そんなエゴマ栽培者の仲間になりませんか!

 

講習会、初心者エゴマ講座、お待ちしています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下は、上松町講演会をユーチューブでご覧くださった方からの感想です。

リモート講演会の良さを書いてくださっています。

ご感想ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・リモートもすごく身近さを感じとてもよかったです。
 丈が大きく絡まったり倒れたりと収穫時苦労していたので、今年は、は種時期を遅らせて畝巾を広く丈の低いじっくりした株に育ててみたいと思います作物の栽培は一年に一回の経験なので本当に貴重なお話しを聞く事ができありがとうございました。またこのような機会があったら是非参加したいと思います。今年も頑張ってえごま栽培したいと思います‼️ありがとうございました。

とても実のある講演会でした。
 特に食べ方と収穫のところは、知らないことが多く、脱脂エゴマやミルクエゴマの活用したいです。虫対策と、多収穫のために早く刈り、早く落とし、早くふるいにかけるということはすごく良いはなしを聞けたなと思いました。また緑肥について興味があったので、実際に効果があったと聞いて自分もやってみようと思いました。また機会があれば、有機栽培や緑肥についても聞きたいです。最後に作物を作るには土作りが八割、発酵が大事と聞いて、自分も栄養をただ与えるのではなく、土そのものが強くなろうとするのが良いと思っていたのですごく話を聞けて嬉しかったです。

このような形での講演会は初めてだったので、戸惑いもありましたがわかりやすく、またリラックスして楽しく拝見させていただきました。
服部先生の講演は今回が2回目でした。経験に基づいての話で、実践の大切さを改めて知ることができました。昨年初めてエゴマ栽培に挑戦しましたが、手探り状態の中、草との闘いでエゴマの収穫は少量になってしまいました。今年はどうなるか。色々TRYしてみようと思っています。ありがとうございました。

えごまが健康生活にいかに必須かがわかりました。
そして、自分たちの食生活(玄米・漬物・えごま)が正しいともわかってよかったです。そして、栽培の面も勉強になることが沢山ありました。短日植物に電灯が影響していたとは・・・理由が分かってよかったです今年は畝幅も150cmで栽培してみようと思います。えごま洗い(網戸の筒)も試してみます。ありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昔は水喧嘩、今は話合い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインエゴマ機械化研究大会8月28日(金)

3部制、10時から

    13時30分から

    20時から

機械化されてる方々からの実践報告と学びあいの研究大会です。

エゴマ普及協会会員は無料,

会員以外は3000円です。

お申し込みはhttps://www.egomajapan.com/から、お急ぎください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おはようございます。

 

暑いですね。

畑のエゴマたちも、しんなりしてきて、

水をあげれるところにはあげていますが、

山間の畑に水をつけることは、

簡単ではありません。

地域の方と、共同で、順番に水を引くことができました。

 

「水喧嘩」などという言葉を昔の人から聞きます。

どうしても低いところに水が行き、高いところには来ないので、

互いに自分の方へと喧嘩になるという話です。

 

我田引水ですね。

 

植物に水は命、

そしてお米や食べ物は、私たちの命ですから、

そんな喧嘩も起こったのだと思います。

 

今は、ポンプや電気で、平等に流れるようになってはいますので、

喧嘩が起こることはなくなりました。

 

が、

 

それでも、山間地で、雨もすくないこの時期、

高低差で、よく出る田んぼと出ない田んぼができます。

 

GOEN農場の田んぼや、畑はその出ないほうに多くあり、

さすがに、この日照り続きに、

エゴマたちも悲痛な叫びを発しています。

 

もともと、「雨エゴマ照りゴマ」というくらいで、

エゴマは、雨が好きなんです。

 

よく出ているところの田んぼの水を止めてもらって、

こちらに出るようにしてもらいました。

 

数ある田んぼを、水口を止めて回るのです。

 

 

早くひと雨来てほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな思いを込めて、

 

夕べは、お風呂の中で、一人カラオケしてました。♬

 

皆さんも、体の温度管理に心がけて、

 

暑さにお気を付けくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月28日、オンラインで、エゴマ栽培向上のための研究大会をいたします。

オンラインで農業研究会、これ、本当に素晴らしいです。

 

(農業講座をオンラインでやった、実感です)

 

どんな遠くからも参加できて、写真や、現場を映し出して、

学びあえる。

 

コロナ社会の恩恵だと思います。

 

ぜひ、ご参加を!

 

農業者でなくとも、お話を聞くだけでも、

多分面白いと思います。

 

知らない世界ですからね、多くの方には。

 

そして、農の世界は、あまり学び愛が多くないのです。

 

だから、このエゴマ研究大会は、画期的な取り組みだと思っています。

 

お申し込みくださいね。

こちらから

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

服部圭子プロフィール

名古屋生まれ、1985年、岐阜県加茂郡白川町に移住して、有機農業をしています。

 

学生時代、農薬と胎児への悪影響を知り、

食べものの安全性に関心を持ち、

都会人から農村人になるべく有機農業を志す夫と、GOEN農場を主宰している。

野菜セット、古代黒米、エゴマを出荷販売。

30年前からエゴマを育て、

20年前に、搾油所を持ち、

生産、搾油、エゴマ油の販売もしている。

 

現在、日本エゴマ協会会長、

一般社団法人日本エゴマ協会代表として

エゴママイスター講座等のセミナー開催、

「エゴマ栽培利用加工」創森社より出版

各地でエゴマ普及栽培指導の講師を務める。

搾油機の斡旋と輸入、搾油法に関してのアドバイザー

エゴマのスペシャリストとして

エゴママイスター、エゴマ伝道師

 

白川町議会議員、現在3期目

対話の場をベースに、

子ども、女性、環境を守り、

自主財源のある白川町に

貢献できたらと活動しています。

 

 

体の健康は栄養で実現するが、

それの土台になる心の健康に、

自らも悩み、苦しんできた。

 

筆跡心理学に出会い、筆跡を変えて

ありのままの自分の素晴らしさやいとおしさに気付き、

たった3か月で、自己肯定感を120%に高めた。

 

エゴマと同様、その効果と心の健康をひろげたく

同じように自分の肯定感で悩む女性の

開運と魅力アップのサインをコーデイネートし

人生大好転のお手伝いをする

筆跡診断士として、診断士養成講座の講師としても

活動している。

 

自然の恵みを十二分に頂き、命を輝かせる農業と、

人にも自然にも優しい町つくりを進める議員活動や

自分の心に耳を傾け、

自分の生き方をお気に入りの生き方にするサイン創りの筆跡診断士、

 

3つのわらじを

はきながら、

楽しい自分を生きている。

 

えごまと文字と、議員活動で、

 

心も体も社会も元気にするお手伝いが仕事の

 

服部圭子です。

 

 

************************************************

〒509-1222

岐阜県加茂郡白川町下佐見1592  

FAX,TEL:0574-76-2725

Email:goenkeiko@gmail.com

【一般社団法人日本エゴマ協会】

HP:http://www.egomajapan.com

Facebook:

https://www.facebook.com/keiko.hattori.336/

【『エゴマ専門トータルヘルスコーチ服部圭子』ブログ】

https://egoma-moji.com/blog/

【GOEN農場】

https://www.facebook.com/goenfarm.shirakawa

 

日本エゴマ普及協会 会長 

(一社)日本エゴマ協会 代表 

白川町議会議員

方眼ノートトレーナー

林式匠の筆跡診断士     服部圭子   

========================

 

無農薬農家の重荷草刈が、ストレスフリーになった3つの理由

草が茂る、
畑の周りや道路の脇、
ご近所の目、
無農薬農業への目が、
一番厳しくなるのが、この時期の草刈りの遅れ!
草が小さいうちにすれば、体もきつくない
でも、農作業も繁忙期、
わかっちゃいるけど、草刈れない
そんな苦しい気持ちを、
楽にしてくれた、
電動草刈り機ちゃん
その理由は3つ
エンジン式のつらかったこと😿→電動では💛☻
書いていきます。
😿
エンジン式は、ちょうど腰ににエンジンがあって、子宮に振動が来る。
1時間もやってると
しんどくなるので、
女性には、
ましてや若い女性にはやらせれない!
(私の場合、やってきたけど、ほんと気合い入れないと、負けてしまう)
→💛電気草刈り機は、音も振動も静かで、女子でもOK‼
 
😿
エンジン式は、エンジンをかけるのに、ひもで引っ張るんですが、
これが力がいるんです。調子がいいと一発でかかるものの、
機械も古くなると、かかりが悪くなる。
かけるのに力もいるため、いつもイライラする。
だから、すごく嫌な始まりになってしまう。
止めるのは手元でできるけれども、
始める時は、また、草刈り機を下ろして、ひもを引っ張る作業!
がっくり!また、気を取り直して、ひもを引っ張る、自信なげに・・・
あ~~~も~~~~
苦しい以外何物でもない、草刈機の始動作業!
 
農薬使ってきれいにする方が、どんだけ体が楽か!
自分が癌になろうとも、
道路の脇を子どもが通ろうとも、
気にしないほうが、どれだけ体は楽か!!!!
 
デモね、農薬は嫌!
だから、心の健康のために、
がんばって我慢して我慢して、
やってたの! 
→💛電動草刈り機は、親指一つで、ON,OFF
高速、低速、臨機応変、
 からまった草取りまでついてる 
 優しい心配り!  乗り換えない手はない!
 
😿
オイルがなくなれば、足さなくてはならない。
その時のにおいと、手が汚れる不快な気分!
 
→💛充電器の交換だけ、
私は仮面ライダー変身~~~!と言って
 ガチャ ガチャ!!を儀式している。(笑)
 1時間以上、草刈できるくらいの電池がついているため、

 

 丁度休憩~~~するくらいで電池交換となる。
以上がストレスフリーの理由です。
もしも故郷にお母さんがいて、
農村で暮らして見えたら、
農村暮らしの妻がいたら、
高校生の息子娘がいたら、
次のお誕生日、母の日、
結婚記念日のプレゼントは、
電動草刈り機を
お願いいたします!  候
自然と共に
お金はわずかでも、
衣食住があって、
みんなで分け合って
農薬に頼らずとも
心豊かに生きるため!
電動草刈り機に  ご関心を寄せてくださいませ!
電動草刈り機については、こちら→https://www.bildy.jp/mag/makita-electric-brush_cutter/

本の紹介【日本人は絶滅危惧民族 〜誤った脂質栄養が拍車〜】

先生より本を送っていただきました。
植物油の一部が、精子を作らせない、骨粗鬆症、糖尿病、認知症、心疾患、、、、と、
現代病を起こしているというのです。
近年先生は、健康を害しているのはリノール酸の過剰摂取だけでなく、
サラダ油、菜種油に含まれる毒性(ダイオキシンどころではない)を発表されておられます。
ジヒドロ-VK1と、ビタミンK2-オステオカルシンが、
ビタミK2作用を阻害したり、
ビタミンK3を発現させたり、
ホルモン物質を阻害するというものです。
このため精子を作らせない、骨粗鬆症、糖尿病、認知症、心疾患、、、、と、
現代病を起こしているというのです。
 
「日本の今の油食は毒食なのだよ」
 
とは、故日本エゴマの会会長村上周平氏が、私におっしゃった言葉です。
私も、いろんなところでエゴマ油の必要性とともに、食用油の害を伝えています。
その時に、「毒」とは、はばかられる言い方ですので、
あまり言わないようにしています。
「体には負担なのです」とか、
「非自然なのです」と言ってます。    
ですが、本質は毒なのです。
 
奥山先生たちや、科学的研究により明らかなのです。
サラダ油、菜種油は、宣伝や価格の安さに、あまりにも使うのが当たり前になっています。
私たちは、よくないとは言われても、
影響が大きくないものには目をつむりたくなるのです。
あの一時的な美味しさから
抜け出す事は簡単ではありません。
それに、農薬や遺伝子組み換え、添加物、マイクロプラスティック、他にもたくさん毒があって、
言い出したら世の中の嫌われ者になります。
 
でも、今回のコロナパニックの政府の対応は、おかしいです。
糖尿病には震えず、生活習慣病や、癌でなくなる人は
毎日何人なのか?
毎日病んで自殺してしまう人が100人もいるこの深い問題を抱えた日本!
それらの問題に向かい合わず、予防に力を入れてこず、
軽い感染の、しかもなくなる方が他の病気に比べ
明らかに低いのに、
私たちには倒せないために、コロナにおびえているのですから。
これまで何してきたの?といいたいです。
これを機会に病気は自分たちが予防できるという力に
目覚める時だと思います。
健康に自信をなくした日本国民は、
一方で劣化した食品をいまだに取り続け、
病気を応援しているのです。
日本は、病気になった原因を天災か、
他国のせいと捉える「能天気国」になってしまっているのではないかと、思うのです。
奥山治美先生の、警告を、健康自立国を進めるために、
エゴマにつながる皆様に、ご紹介いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「日本人は絶滅危惧民族 〜誤った脂質栄養が拍車〜」
編著者奥山治美 
著者大原直樹他絶滅危惧民族研究グループ 中日出版発行

「裸の王様」支配してませんか?されてませんか?

 

 

 

免疫食毎日とっておられますか?
免疫食?

野菜スープ(お味噌汁)にえごま、海藻です。

非免疫食は?
避けるものは?
サラダ油、菜種油、砂糖、輸入小麦製品
ド〇(遺伝子組替、添加物、農薬含む非自然加工品)です。

言い直すと、
私たちは、あまりにも自然から離れたものを日常的に食べすぎていて
体の細胞が傷つき栄養失調なのです。
体の中を流れる血液や水分80%は汚れた川のようです。
次々分解できないものが入ってくるために
ついに浄化力を無くし、
バランスを崩し
痛みや損傷をおこすのです。


これって、正しいですよね。

わかりやすいですよね。
分解できないものを食べれば私たちの体は混乱すること。

コ〇ナの感染予防と同時に、
というか、その前提に
自然のものを食べる楽しみを大いに
すすめましょう!

【裸の王様】

私たち、裸の王様になっていませんか?
あるいは、私たち、
それに従う思考停止な国民になっていませんか?

これまで、エゴマ油の縁で
油について支配的な状態に対して
疑問をもち、警戒し、近寄らないことができました。

丁度20年前、
油の支配的な常識(自然食と言われているものも含めて)をうのみにしていた
よかれとおもっていたそれまで自分の使っていた油が毒だったと知った時
のショックは計り知れません。

裸の王様状態だったのです。

でも、いまだ日本では特に、
テレビで流されるその他多くのサラダ油をとる場面や
コマーシャルによってマーケットに並ぶサラダ油が普通だと思われています。

大きななにか黒い魔の手が、「ヒヒヒッ」といって
みんなに、気楽さ、おいしさ、安さだと錯覚させて
少しずつド〇を垂れ流しているように思うのです。

だまされて、免疫力を無くしているとおもうと、
泣けてきます。

自分もそうです。
これらのド〇も、ウイルスのように目に見えないくらい小さいのです。
その毒性も目に見えないくらい知らないうちにたまってくる。
だから、
それはあまりよくなさそうだと思っていても
少しくらいならと周りと合わせています。
心が弱いです。


でも、本当は、今のコ〇ナのように
とらない、出さない、集まらないをしてほしいくらいのド〇なのです。

こういったド〇の垂れ流しは許されていて、
みんなの免疫力を無くしていて、
免疫力の弱っているところに、

当然風邪をひきやすい状態の人には危険な
コ〇ナにかかからないよう、
みんなに風邪予防を呼び掛けられている。

でもこれって
免疫力をつける呼びかけがなく、
寄せ付けない対策ばかりがされている。

本末転倒、焼け石に水。
風邪予防と称して、
精神的にも孤立させて、
心の免疫力まで奪うような事態を作っている気がする。

昨日、私がさせてもらっている議員として
町内の中学生の卒業式に参列した。
在校生はいない中、マスクで隠された親や、先生の中で、
歌を歌うことも自粛させられ、国歌、校歌もない卒業式だった。

なぜですか?
健康な生徒たちなのに!
マスクをつければ、人と人を離せばいいではないですか!
工夫すればいいではないですか!
歌も自粛する、在校生を欠席にする。
上からの指示だそうです。
その根拠がわからない!

支配する常識や、自粛に、
裸の王様状態だと思わざる負えません。

人と人が話すから、すべての文明が始まったのです。
会話を閉ざす命令による、人の心の損害は計り知れません。

キスだって、ハグだってできないなんて、


あらためていいます。
今、感染予防の基本、手洗い、咳エチケット、睡眠はもとより
免疫力をつける食べ物をとり、
免疫力を落とす食べ物を避けることが大切です。

植物油、輸入小麦、砂糖、乳製品注意です。

これらの原料は、免疫力を落とす
遺伝子組み換え、農(ド〇)薬頼りの食べ物だからです。

免疫力減少食べ物警戒緊急事態です。
食用油、除草剤入りに輸入小麦の麺、パン、パスタ、

元気を削ぐ食べ物を食べないでもらいたい、
コ〇ナ予防というなら、

免疫力をつける生活もしましょう!

元気な自然満タンの食べ物、空気、
そして、最も免疫力を上げる
人と人が楽しみあう対話や会話が必要です。
畑で種を播きましょう。
できたら家族で、友達と一緒に

野外での共同作業は、何よりの免疫力アップです。

元気の素は身近にあります。
あなたの中にあります。
自分の楽しさリラックス、人との交流を楽しみましょう。


裸の王様になっていては、子どもたちを守れません。
裸の王様の言うとおりにしていては、子どもたちを守れません。

自然そのものの私たちの心と体と行動を
本来もつ
豊かさ才能、能力を
使いましょう!

―――――――――――――
私は議員をしています。先日の議会で
コ〇ナの学校休校対応と、首長の報酬アップについて疑問を投げました。
どの質問にも、答えは空虚さを感じるものでした。

涙が出ます。悔しくて。
子どもたちや、住民の幸せに役立たずな自分に

何かにみんな支配されている。
そう感じるのです。

今日も読んでくださってありがとうございました。

大きく笑い、大きな文字を書き、大きな心で
今日も大きな愛を受け取り、幸せな一日にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追伸  
【心の免疫力強化のため、お名前の筆跡診断による改善アドバイス受付中】
自己肯定感が上がると、免疫力が上がります。
自己肯定感が上がると自己幸福感が上がり、元気で健康な人生が送れる
自己肯定感が持てることは、人生が180℃充実します。

自己肯定感マイナス30に30年間悩んだ私が、
筆跡診断を受け、筆跡改善に取り組み、3カ月で+30になり、6カ月で90になり、9カ月で120%になった経験から、
自己肯定感を上げたい人を得意とする、筆跡診断士をしています。
免疫力をつけてもらいたい今、
お名前筆跡診断による自己肯定感アップセッションを特別セールで行います。
45分のオンラインセッション5000円で行います。
心の免疫力強化が、人生をたくましく健康に歩む秘訣です。
特別価格で,多くの方に受けていただきたいとおもいました。
裸の王様に頼らない自己軸を持ちたいなら、
更に強化したいなら
私にお手伝いさせてください。
お申し込みはFBメッセージ、またはメールgoenkeiko@gmail.com、FAX0574-76-2725で。

************************

日本エゴマ普及協会会長
日本エゴマ協会代表理事
白川町議会議員
方眼ノートトレーナー
筆跡診断士

32年前に子育てと有機農業をめざし
持続可能な食べ物が、存在すら危ういことを知り、
食べ物を生産するため、農村に移住、
自然栽培の野菜を提供する農家になる。

2000年日本エゴマの会の
「エゴマ油が、生活習慣病の7割を予防できる」
という講演会に出て、衝撃を受け、
白川町でも講演会を企画したことをきっかけに
村上周平氏とご縁をいただいた。

韓国のエゴマ栽培、搾油法を研修し
現在はエゴマの栽培と食による健康効果を普及する
エゴマ伝道師、エゴママイスターでもある。

39歳で、2年間の白川町議会議員の経験を生かし、
再び白川町議会議員になって7年目、
女性の視点と、心と体の健康と、安全な食べ物生産の町へと
すすめる一助になりたいと活動している。

さらに、筆跡は、生き方の癖を表し、
そこには、誰でも持っている才能や能力が秘められている。
ほとんどの人はそれを知らないで、使っていない。

文字を書くだけで、自己肯定感が上がり、
自分の個性の発見が連続し、
自分の個性が好きだと楽しめ、
その、ポジティブ人人生へ加速の即効性に魅了され、
筆跡診断士として、人々の好転開運、夢を叶える筆跡を
アドバイスしている。

どれもに共通するのは
心と体の自己肯定感を高める。
自分の個性が好きになる食べ物と文字を
伝え、広げる活動

============================
〒509-1222
岐阜県加茂郡白川町下佐見1592  
FAX,TEL:0574-76-2725
Email:goenkeiko@gmail.com
日本エゴマ普及協会 会長 
(一社)日本エゴマ協会 代表 
白川町議会議員
方眼ノートトレーナー
匠の筆跡診断士        服部圭子
========================

日本エゴマ普及協会へのお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


コールドプレス搾油機械製造会社韓国プンジン社を訪問

プンジン社を訪問、社長さんと
プンジン社を訪問、社長さんと