ようこそ日本エゴマ協会のページに💛
日本エゴマ普及協会と日本エゴマ協会では、
オメガ3を世界一多く含むエゴマの実やエゴマ油で、
本来の健康を取り戻す薬食同源の農業をすすめています。
丁寧に水洗いしたえごまをぎゅっと搾り精製しないミネラルたっぷりのえごま油を作り続け
30年が経ちました。
えごまは、人の細胞膜の健康と癒しに欠かせない栄養を持っている
日本のソウルフードです。
ソウルオイルでもあります。
エゴマを作って油を自給する人と
えごま農家とつながってえごまを食べる人を増やし応援しています❣️
えごまを少しでも栽培してみたいと思われたら
エゴマの教科書「エゴマ 栽培・利用加工 」を、ぜひご活用ください。
エゴマの種の準備から栄養や食べ方まで、書いてあります。
<会の始まりの自己紹介>
日本エゴマの会(日本エゴマ普及協会)は、
福島県の田村市に住んでいた故村上周平さん、みよこさんご夫妻の有機農家が、
大豆やトウモロコシ遺伝子組み換え原料の食用油や
食用に向かない菜種油をやめて、
油を自給したい!というところから始まりました。
平成9年村上さんが、韓国の友人を訪ねた時に、
偶然に韓国のエゴマ畑の広がる風景に出会い、
聞けば、エゴマ油自給村だった。
その出会いが、天の導きと感じ、日本でも縄文から栽培していたえごまなら、
これを油にすればいい!
そう思った村上さんは、韓国のその場で
韓国のオム牧師の助けで、栽培、搾油、料理を習って、
日本のエゴマ食を復活させ、油を自給しようとしました。
そのまた偶然、名古屋市立大学教授だった故奥山治美教授との出会いがあり、
そのエゴマ油が世界一オメガ3を多く含み、
オメガ6の工業化学精製油の体への悪影響を押さえて、
細胞膜を健全に癒してくれる救世油だと
教わり、えごまを広げることで、健康になり、
医療費も半減することを、確信し、普及をしていきます。
<みんなが作って食べれば医療費が半減できる❣️
そんな熱い思いに感化され、最初は
村上氏と繋がる全国の愛農会の有機農家が自分の健康のため、家族のため、地域のため、国民の健康❣️のために作り始めました。
普及するために、全国エゴマサミットを開いた村上氏は、
各地の農村に医者いらずのエゴマ油を自給しようと、
一人1a普及運動に明け暮れました。
私服部圭子は、そのエゴマ熱に伝染(笑)した多くの有機農家の一人でした。

2023年栽培用、種の申し込み11月15日から開始いたします。発送は2月下旬からとなります。

黒種(中生、晩生)、白種、葉っぱ用の4種類、ご用意しています。

田村黒種(中生10月10日前後の収穫)10ml、20ml、100ml、200ml
田村白種(上に同じ)       10ml、20ml、100ml、200ml

白川種(晩生:10月20日前後の収穫)10ml、20ml、100ml、200ml
それぞれ価格は以下となります。
10ml、880円(税込み)

20ml、1540円(税込み)

100ml、4000円(税込み)

200ml、7000円(税込み)
韓国原産の葉エゴマの種5ml、880円
これに送料(198円~)となります。

オンライン購入できない方は、
FAX 又はTEL0574-76-2725で、ご注文ください。
ご注文の種名、〇ml、お名前、〒、住所、電話番号をお知らせください。

 

 

オンラインエゴマ栽培スタートダッシュ研修 3月11日12日(土、日)10時~ 20時~ (録画送付有)(栽培サポート講座の1.2回ともなります)

初心者のエゴマ栽培講習会           春、夏、秋5回オンライン講座、各回録画、リモート畑診断(7月)付き

免疫力を支えるエゴマ】【10~30年若返りのエゴマ】

エゴマは、健康を保つ細胞膜のなくてはならない栄養オメガ3を世界で一番多く含んでいる食べ物です。細胞膜はすべての命の素です。

癒しの油、脳の油、血液サラサラの油、第3の油など、心や健康の時代といわれる新時代には欠かせない食べ物が、エゴマです。

エゴマを食べる習慣を持っている方は、風邪をひかなくなった、疲れを感じなくなった、肌がつやつやしてきた、毎日の便りがすっきり、心臓発作が起きなくなった、血圧が改善した、物覚えが良くなった、うつ病が改善した、徘徊がなくなった・・・・・・

数々の喜びの声をお聞きします。

特に栽培してふんだんに食べている方からは、90歳になっていても現役で!

ほとんどの方が、若返っています。

また、お客様の喜びの声も聞けるので、栽培して販売できると、

生きがいや喜びが沢山いただけます。

一人でも多くの方が、エゴマ油を食べてくださり、

元気に100歳時代をお過ごしくださいますように、種をまいてみませんか?

 

葉っぱ料理を楽しむために、プランターやお庭で栽培を】

1mかける1mの小さな畑、または大きめのプランターに、エゴマの種をパラパラまいて、エゴマを育てて、葉っぱ料理を楽しみませんか?
キムチ漬けに醤油漬け、お茶に、おひたし、スムージー、お鍋に具として、乾燥した粉は、ケーキや卵焼きに!おいしさ、楽しさ、栄養も強力です。

 

8月になったらぜーんぶ葉をとって、

乾燥したり、ゆでて保存して、年中食べるのが、楽しめます。
葉っぱの栄養は、これまた、すごいです‼‼‼‼

抗酸化力が、野菜の中で一番多いのです。β―カロテン、ロズマリンなども、多く、

シソより収穫量の多いエゴマの葉を、日本でも愛用する方が多くなっています。

 

夏バテ、免疫力向上、食べない手はなく、作りやすいので、お庭に少しあれば、いつも新鮮な葉っぱが楽しめます。これから、オンライン社会で、知る人が多くなれば、ドンドン、食べる人が多くなる野菜です。↓韓国のサイトからの写真を載せてます。

 

【健康な油を作るエゴマ農業を副業にしませんか?】
健康に役立つエゴマを栽培して、ご自分の家庭の健康が大きくアップしてます。

そして、食べきれないエゴマを直売市などで販売されている方も多くいらっしゃいます。

また、地域で取り組みたいという方に、エゴマ指導員になって活躍されている方も見えます。

 エゴマ栽培には、コツがあります。
下記のオンライン講習会に参加ください。

 

 

【初心者にもオンライン講習会で、全国の栽培をサポート】

多くの失敗や、生産者との交流や、サミット、研究大会と、学びあいを大切にして、一緒に栽培技術を高めてきた日本エゴマ普及協会です。

機械化、省力道具の紹介などなど、情報をお伝えしています。

今年、これまで、岐阜のエゴマ協会まで足を運んでいただいてましたが、

オンラインが身近になったおかげで、オンライン畑診断や、アドバイス、初心者向けの講座をオンラインで開講したところ、思わぬ利点がいっぱいでした。

農業が知恵の積み重ねです。日本エゴマ協会の積み上げた知恵を、受け取って、1年目から、失敗の少ないエゴマ栽培に挑戦してください。

 初心者向けオンラインエゴマ栽培講座はこちらから

 

【多収穫で品質のいいエゴマ栽培法公開してます】

2020年夏の研究大会で、多収穫と、品質向上の、知恵を出し合いました。

シェアした栽培暦をアップしています。

ぜひお役立てください。こちらから→エゴマ栽培法202

 

「エゴマ栽培、利用加工」創森社も、エゴマの教科書として多くの方が、熟読し、栽培の手引きとして活用いただいています。こちらも併せてごらんください。

購入はこちらから

 

韓国のエゴマの葉っぱ料理の文化

オンラインセミナー                えごまソムリエ養成講座  2023年5月から開催(動画受講可)お問い合わせください。

参加ご希望の方は、下記からお申し込みください。日程等後ほどご連絡いたします。

エゴマ畑、個人別スマホでアドバイス受けています。

7月3日の夏講座に含まれる、スマホで行う、現地の畑を観ながら個人別畑診断とアドバイスが、大変好評で、オンラインの威力を実感しました。

そこで、よくお電話でご質問があるのですが、

実際に畑を見せていただくと、思わぬところにヒントがかくれていて、

受けられた方々もとても喜んでいただけました。

 

そこで、この畑診断とアドバイスのみ、今だから受けておくといい

今のお悩み解決するために、診断とアドバイスお受けいたします。

  お申し込みののち、日程調整させていただきます。

  摘心、草、土寄せ、畑管理、その他、

  世界で1冊のエゴマの教科書の本の著者であり、

  栽培歴25年、失敗歴(進化歴)も25年、有機農業歴35年の服部圭子が

  楽しく、ポジティブに診断いたします。

費用:3000円(約30分くらい)

お申し込みはこちらから↓

8.28研究大会録画、またはエゴマ畑診断&アドバイスに申し込みます。

メモ: * は入力必須項目です

日本エゴマ協会では、品質のいいえごま油の生産を増やし、人の能力を発揮させるのに必須の栄養であるオメガ3などを含んだエゴマが多くの人を健康にする食べ方を広めるために、各種講座を開催し、エゴマ栽培、料理のリーダー、普及伝道師を養成しています。

各地でマイスターや、ジュニアマイスターの受講生が活躍しています。

 

今年は、新たに健康にする食べ方を伝導できる講師を養成するために、健康に効くエゴマ料理養成塾を開催し、講師となった方、エゴマソムリエたちで、健康に効くエゴマ料理研究会を立ち上げ、さらに各地方で、周りのエゴマ仲間とエゴマ料理研究会支部活動を行っていただくという期待を込めて開催するものです。

詳しくは追ってお知らせいたしますが、開催日5月8.9日予定です。

お料理が上手でなくてもエゴマを生かし方や、健康に効くを学んでいただきます。女性のエゴマ関係者の方にぜひ参加していただきたいです。

 

申し込みは、FAX,または下記フォームから

認定エゴママイスター養成講座(3年以上の栽培経験のある方、または団体の職員) オンラインで開催 6月7月12月

これまでに19人のマイスターさんが誕生しました。

それぞれに学びあうことも多々あり、この講座が全国レベルも押し上げています。

最近はコンバイン収穫の方も、多くなってきました。

ただ、品質のいい栽培、調整法をしっかり学んでいないと、軸がぶれます。

各地での講師の役割もしていただいたり、団体のリーダーの方がより信頼を得る学びが得られます。搾油所には1人のマイスターがいる。

そんな期待をもって、今年も開催いたします。

お早めに予定とお申し込みのお知らせをください。

定員は15名です。コロナ事情により、本年度よりオンラインにて開催いたします。

内容  講義オンラインで、8時間、レポート提出、収穫エゴマ、すりエゴマ、

    完成エゴマ油AV検査の合格をもってマイスターといたします。
    資格授与されます。
    マイスター会員となって普及に活躍して下さい。

場所  zoomにて行います。スマホ、ネット環境PCにて受講していただきます。

費用  25000円 (別途試験料、登録料) 


自分の健康と幸せのために・医食同源を広め・エゴマ使い料理家になり、自分も周りももっと幸せにし、健農食ビジネスを創造するエゴマソムリエになりませんか!

縄文時代から食されてきたエゴマは、その力を120%引き出す料理によって、もっと健康で、笑顔の地域にできるパワーを持っています。心と体の健康には、細胞膜の栄養となるエゴマの恵みを大いに受け取るエゴマ使いの存在が欠かせません。エゴマコーデイネーター養成講座にぜひご参加ください。

エゴマで健康にする食べ方を伝導できる講師を養成するために、

健康に効くエゴマ料理講師養成講座を開催します。

全国には、エゴマを利用して素敵なお料理を作る方が多くいらっしゃると思います。

ただ、健康に効くエゴマの食べ方を知っていただけたら、

もっと短期間にエゴマの食べ方も普及し、

食べて健康になった人が増えると思うわけです。

 

実際料理はしているけれども、ご自身の良い影響は、まだ体感してない!

せっかくのエゴマの料理なのに、もったいないな~~

と思うわけです。

そもそも、

この塾開催のきっかけは、これまでのマイスター講座での

エゴマ健康体感した、えごま料理が定番になってきたからです。

1日目の2食を食べた翌朝の皆さんの変化がすごかったのです。

 

お肌はつるつる。

 

ズボンがゆるゆるになって下がる==って悲鳴まででました

エゴマ食は、使い方ひとつで最強になるのです。

2食で、お肌がすべすべになったり、

ズボンが下がってしまうほど、ダイエットしたり、

 

楽しい効果が満載です。

 

また、栽培や、搾油所の見学や体験を通して、

大地からいただくエゴマと食べる人をつないだ料理に広がりが出ると考えます。

そんなことを料理が大好きな方々に伝わることで、

地球の癒しも、進むと思います。

 

また、エゴマだけでは、長期的な健康には不足。

 

心の健康も、運動面も、最新の簡単で効果のある

みんなが自分を大好きになる講座のカリキュラムをご用意しています。

 

合格した塾生は、エゴマコーデイネーターを名乗り、

エゴマ料理研究会の活動をしていきます。

また、エゴマ料理のイベントや、体験ツアーを組むなど

観光事業にも生かしていっていただけたらと、

夢は膨らみます。

 

 

 

そんな、健康に効くエゴマ料理を提供したり、講師になって活動してください。

 

 

講座の内容は、定番の調理の動画講義、

      畑や搾油所のオンライン見学、

      簡単で効果ある120歳時代の運動、

      心の成功、開運のお名前筆跡プチ診断等も交えて、

エゴマ料理マイスター養成講座~健康に効くエゴマ料理講師養成~

を開催させていただきます。

 

 

 

 また、オンラインでのグループミーティングも行っていきます。

エゴマ料理で健康仲間つくりです。

 

 

 

8月28日、29日全国エゴマ研究会 (コロナ感染拡大防止のため中止いたしました)~コンバインエゴマ栽培機械化の課題と展望~は、オンラインにて28日開催いたします。

栃木県の茂木エゴマの会の関澤様のご協力で8月28日に上記のような研究大会をひらくことを予定いたしました。茂木では、初期からコンバイン刈りにとりくまれ、現在では植え付けから機械化をされているそうです。もとより省力化を進めてこられましたが、やわらかいエゴマの品質を保つために、並々ならぬ苦労を積み重ねられ今にいたっておられます。

昨今、コンバイン刈りを前提に、農業団体がまたは、個人農家がエゴマの栽培を取り組まれています。しかし、量、品質共に大きく失敗をされる場合のほうが多く、需要がある中、品質を落としたエゴマでは、販売もままならない結果になっているところもあるようです。そこで、エゴマの特殊性と実践されている経験を分けていただき、コンバインで刈っても、食べた方がエゴマの魅力を充分に受け取れるような技術を学ぶ機会としたいと思います。

また、コンバインで収穫しておられる経験者の方にはこちらからご参加をお願いして、エゴマの機械化の課題と展望を見出したいと思います。

みんなの知恵や技術を学びあえば、エゴマの栽培がもっと広がり、作って食べて健康社会となると確信しています。

ご参集ください。

尚機械メーカーの方にも、エゴマのことを知っていただきたく、ご参加を呼び掛けたいと思います。つながりのあるメーカーさんにお伝えいただけたら幸いです。

参加費用:5000円  

定員:30名

参加は、申し込み制です。以下のフォームからお申し込みください。

以下は2020年の講座です。

昨年の講座のチラシです。

詳しくはこちらから

 

エゴマニュースレターVol.4発行いたしました。

ニュースレターはこちらから

日本エゴマ普及協会会員の方には郵送いたしております。ご入会をお待ちしています。ご入会はこちらから


日本エゴマ協会にようこそ

日本エゴマ協会は、

品質の良い、

新鮮で天然栄養たっぷりなエゴマ油の

     

自給と、生産者による販売、普及をすすめています。

 

私たちのえごま油は、

エゴマの種まきから収穫、搾油まで

愛情と手間をかけて作ります。

 

そのエゴマ油は、

生産者の住む地域で搾油しています。

   

そんな顔の見えるエゴマ油を、日本中に広げる活動をしています。

エゴマたよりVol.2 発行しました。

ブログ

種・栽培・搾油


エゴマ油を購入したい方

搾油機・水洗機